トップページ│特別養護老人ホーム 美健荘

介護職員募集

特別養護老人ホーム 美健荘へようこそWelcome to Bikensou

新着情報一覧News

New 2019.05.02ホットケーキ作り
ホットケーキ作り









4月13日
午後のレクリエーション活動で、ホットケーキ作りを行いました。焼きあがったホットケーキに生クリームと小倉あんをのせて、喫茶店で出てくるようなホットケーキを利用者の方に召し上がっていただきました。
多くの方々に「見た目も良くて、凄く美味しいね。」と好評で、大変喜んでいただくことができました。
New 2019.05.024月のご当地メニュー
2019年4月のご当地メニュー4月12日
4月のご当地献立は山梨県の「鶏肉のぶどうソースがけ」でした。
山梨県の特産物であるぶどうを使ったおかず、と言っても使うのは干ぶどうですが、干ぶどうと赤ワインをベースにした甘酸っぱいソースは、鶏肉の竜田揚げとよく合い、利用者の皆さんも残さず食べてくださいました。
2019.04.01彼岸参り
彼岸参り3月18日
春の彼岸初日に、利用者14名が参加して、美健荘のお墓がある常総市大房の東弘寺に彼岸参りに行きました。
ご焼香を済ませた後は、マイクロバスで石下の街中を走り、上石下や椎木を通って美健荘に帰荘しました。
ドライブに参加された利用者数名から、「石下の街や綺麗な筑波山の景色が見られて本当によかった。
またドライブに行きたいね。」との話があり、大変喜んでいただくことができました。
2019.04.013月のご当地グルメ
2019年3月のご当地グルメ3月13日
3月のご当地献立は山梨県富士吉田市の肉うどんでした。
富士吉田市は富士山噴火による溶岩流や火山灰という土壌のため、稲作には不適切な地域で、畑作を中心とし麦や雑穀を栽培して、すいとんを主食としていたそうです。
この粉食中心の食生活が、うどん文化の基盤になっていると考えられています。
硬くてこしのあるうどんが特徴ですが、お年寄りには軟らかめのうどんで対応させていただきました。
うどんと肉の相性もよく皆さん完食してくださいました。
2019.02.28節分
2019年節分2月3日
節分のレクリエーションで、赤い顔をして黄色い角が2本生えたいかにも恐ろしそうな鬼に向かって、紅白のお手玉を投げるゲームを行いました。
利用者の方々は「鬼は外、福は内。」という大きな掛け声をしながら、鬼にお手玉を投げて、みんなで鬼退治のゲームを楽しむことができました。
また夕食後には、施設内すべての居室に豆まきを行いました。
2019.02.282月のご当地グルメ
2019年2月のご当地グルメ2月13日
2月のご当地献立は、福島県会津市で食べられている「会津カレー焼きそば」でした。
昭和50年創業の食堂で始まり、最近のご当地グルメブームで脚光を浴びつつあるそうです。
焼きそばの上にカレールウをかけるので、焼きそばのソース味は薄味にして提供しました。
利用者の皆さんは「おいしい」ときれいに食べてくださいました。
2019.02.032019年書き初め
2019年書初め1月5日
1階の食堂にて、レクリエーション活動で書き初めを行いました。書き初めは、本来1月2日に行うものであり、その日に書き初めを行うと字が上達するという言い伝えがあると言われています。美健荘では、書き初めをする日から3日ほど遅れてしまいましたが、利用者の方が一生懸命書き初めを行った作品は、とても立派な作品が数多くできました。作品は食堂掲示板に展示いたしました。
2019.02.031月のご当地グルメ
2019年1月のご当地グルメ1月14日
1月のご当地献立は、沖縄県の郷土料理「もずくの天ぷら」でした。沖縄県は四方を海で囲まれているため、昔から多くの海藻が採れ、特にもずくは常食されてきたそうです。
外はサクッと中はフワッとしていてとても美味しく仕上がりました。利用者の皆さんの喫食率も100%でした。
2018.12.29お誕生会
2018年12月誕生会12月16日
毎月の恒例であります誕生会のアトラクションで、テーブルの上に牛乳パックを積み重ねて巨大タワーを作りました。
利用者の方に、運動会で使用した紅白の玉をタワーに向かって投げて、タワーを倒すゲームを行いました。
牛乳パックのタワーは、結構頑丈で倒すのに時間がかかってしまいましたが、倒した後の参加者の方々が達成感に満ち溢れた顔をされ、とても素敵でした。
2018.12.29クリスマス
2018年12月クリスマス12月25日
クリスマスの夜、美健荘に白ひげを生やしたサンタクロースとトナカイが現れました。
美健荘のサンタから利用者の方全員、一人ひとり手渡しでプレゼントをいただきました。
プレゼントをもらったお年寄りの方から、「サンタとトナカイが来てくれてよかった。ありがとうね。」とのお言葉が多くあり、握手を求める方もいて、皆さん大変喜んでおられました。

ピックアップ情報Pick up

ピックアップ画像201903

≪消防訓練≫
3月27日
午前10時45分開始で、つくば市中央消防署豊里分署員が立ちあいのもと消防訓練を行いました。
夜間の火災を想定し、夜勤職員3名、宿直1名体制で通報訓練や初期消火、利用者を安全な場所に避難する避難訓練を行いました。 続いて、1階の屋内2号散水栓を使用して放水訓練を実施しました。
講評で消防司令の方から、避難訓練の内容はとてもよくできていたとの話があり、 その後は消火器の使用方法について説明を受け、職員4名が消防士の方が横について指導をしていただきながら、 消火器による消火訓練を行うことができてよかったです。

ピックアップ画像201902

≪電子ピアノ≫
2月17日
1階食堂にて、職員が電子ピアノによる演奏を行いました。
多くの利用者の方が電子ピアノの前に集まり、数曲演奏を行ったところ曲を聴いたみなさんが自然と頬に笑みを浮かべて喜んでおりました。
とても心が穏やかになるようなピアノの音色が良くて、大好評でした。
それにより本日演奏した職員は、また美健荘でピアノ演奏を行うとのことで、多くの曲を弾けるよう現在も練習に励んでいるようです。

ピックアップ画像201812

≪餅つき≫
12月28日 1階中央ホールで、今年の最後を締めくくる餅つきを行いました。
多くの利用者の方々に、職員が餅つきをしているところを見ていただき、「昔は年末になると、家で臼と杵で餅つきをしていたよ、懐かしいわ。」 という声が数名から話があり、昔のこと思い出しながら楽しんでもらうことができました。

ピックアップ画像201811

≪とよさと子どもまつり≫
11月10日(土)第15回とよさと子どもまつりにわたあめ店で出店しました。
第1回から連続して出店していますが、毎回好評で今年も12時頃には予定した200本を完売いたしました。
一時には行列となり、特に小さな子どもさんには大人気でした。

ピックアップ画像201808

≪彼岸参り≫
9月26日14:20出発で、ご利用者11名と職員3名、実習生1名で美健荘のマイクロバスに乗り、施設長がバスの運転手となって常総市大房の東弘寺にある美健荘のお墓に彼岸参りに行きました。
東弘寺に到着後は、皆さんにご焼香をしていただきました。墓参を終え、全員がバスに乗った直後に雨がぱらつきはじめ、本降りとなり、何かふしぎな感じでした。 帰り道は、石下の街中をバスで走り、ドライブに参加された利用者4名の方々の自宅前を通り、美健荘に帰荘しました。多くの利用者の方と秋の彼岸参りに行くことができてとてもよかったです。

ピックアップ画像201808

≪花火大会≫
8月18日の盆踊り大会の合間をぬって施設長が花火師となり、ご家族の子供さんや職員の子供さんと一緒になって、 短い時間ではありましたが、打ち上げ花火や吹き上げ花火、 手持ち花火を連発で行い、大勢の皆様と花火大会を大いに楽しみました。

ピックアップ画像201803

≪夢の貯金箱≫
3月から美健荘に日本財団の自販機「夢の貯金箱」を設置することになりました。 こちらの自販機は1本購入に対して10円が日本財団に寄付されます。 また、この自販機はスマートフォンのCOKE-ONアプリ対応となっており、 コカコーラ製品のジュースを1本購入するとアプリに1ポイント加算されアプリのポイントを15ポイント集めると自販機商品が1本無料でいただけます。 美健荘では社会貢献を目的とした話題の自販機となっており大好評です。

ピックアップ画像07

≪餅つき≫

12月27日、1階中央ホール内にて、多くの利用者の皆様の前で餅つきを行いました。
杵で餅をつく音がホールに響き、利用者の方から「よいしょっと~よいしょ~、頑張れ。」とエールを送っていただき、とてもおいしいお餅をつくことができました。ついたお餅は、もちもちしていて格別の味でした。

ピックアップ画像06

≪百寿≫

今年百寿をお迎えになられましたご利用者がおられまして、内閣総理大臣より褒状と銀杯、茨城県知事、つくば市長より褒状と記念品が贈呈されました。
ご家族の皆様と共に、敬老の日のお祝いの会において、ご利用者の皆さん、石下ライオンズクラブの皆さん、歌手の麻生けい子さんよりお祝いをいただきまして、 ご本人も感激して、大変に喜んでおられました。

ピックアップ画像05

≪お知らせ≫

入院した際に使用した紙おむつ等を施設でお預かりした場合は、封が開いているオムツ等については、6ヶ月を過ぎたら品質上の問題のため、施設で使用させていただきます。
ご了承ください。

ピックアップ画像04

≪幸運の使者≫

今年も昨年に引き続き2年目となりますが、美健荘玄関の上に、「幸運の使者」と大事にされているツバメが来て、早速営巣が始まりました。
約10日かけて完成し、つがいで抱卵が始まりました。施設の近辺にはカラスが多いため、カラスよけを工夫して設置し、親ツバメとともに卵、ヒナを守り、日々の成長を楽しみにして毎日見守っていました。
7月11日の朝、来訪以来約1ヶ月程で、5羽の子ツバメが無事巣立ちました。渡り鳥なので、また来る確率は10%程度と言われていますが、来年も元気に来てくれることを願っています。

ピックアップ画像03

≪秋の褒章「黄綬褒章」受章≫
介護職員の中嶋ひろ子さん(66歳)が、この度永年業務に励み、他者の模範になる人に贈られる「黄綬褒章」を受章いたしました。 昭和62年採用以来、30年の永きに亘り入所者の介護や後進の育成に力を注ぎ、60歳まで夜勤も担当いたしました。現在も常勤の介護職員として勤務しております。
誠におめでとうございます。

ピックアップ画像02

≪百寿を達成。安倍総理大臣よりお祝いを頂きました≫
このたび、入所者の方が百寿を達成されました。内閣総理大臣より褒状と銀杯を受賞されました。
誠におめでとうございます。

ピックアップ画像

≪デイサービスセンターにおいて『リハビリ』を開始しました≫
理学療法士を正職員常勤専従で配置して、新たにリハビリを開始しました。 当センターでは、機器を使用しての筋力トレーニングや複数の体操メニューに加え、1対1での個別リハビリの時間も設けています。 これらのメニューによって、個人個人の希望や目的に沿った機能訓練の提供を心がけています。

介護保険事業について

介護保険画像

当法人では、特別養護老人ホーム(入所50名)(ショート13名)、デイ(25名)、居宅介護支援を運営しています。

つくば市委託事業について

在宅介護支援画像

在宅介護支援センターは、保健・医療・福祉の地域の総合相談窓口として、ベテランの相談員を配置しています。